小説 本(BOOK)

まいど先生ふたたび。「海は見えるか」(真山仁)読了。読んでいて、目頭が熱くなってしまった

投稿日:2018年3月30日 更新日:

Mediamodifier / Pixabay

「そして、星の輝く夜がくる」を読んですごく良かったので、「そして、星の輝く夜がくる」の続編、「海は見えるか」を読んだら、やっぱり良かったです。
「海は見えるか」(真山仁)を読了し、目頭が熱くなりました。

→(参考)神戸から震災の東北に赴任した応援教師・小野寺徹平(まいど先生)のキャラクターにほれぼれ。真山仁「そして、星の輝く夜がくる」

「海は見えるか」

東日本大震災から一年以上経過しても、復興は遅々として進まず、被災者は厳しい現実に直面し続けている。それでも、阪神・淡路大震災で妻子を失った教師がいる小学校では、明日への希望が芽生えはじめていた―。『そして、星の輝く夜がくる』に連なる、二年目を迎えた被災地、奇蹟の祈り。生き抜く勇気に出会う珠玉の連作短編!

(アマゾン:「BOOK」データベースより)

神戸で被災し、妻と娘を亡くした小学校教師「まいど先生」が東日本大震災で被災した小学校にに応援教員として派遣。そこでの生徒との日々が描かれた作品で、派遣2年目のお話。
ちなみに前作の「そして、星の輝く夜がくる」では1年目の話が描かれています。

たくさん目頭が熱くなったポイントがあったのですが、ちょっとだけご紹介。。。

◆ ◆ ◆

大人でも対処するのに難しいことを、子どもたちは受け入れそして超えていく。
その姿に逆に教えられる「まいど先生」。
いろいろなしがらみが多くなる「大人」よりも、素直な考え方ができる「子ども」の方が
時として正しい選択ができる場合もある。

「白球を追って」では、そんなことを考えさせられました。
そして、子どもたちの行動に目頭が。。。

世間のことがフィルターとなり選択を歪めてしまう「大人たち」
それに対して、しがらみもなく素直に考えられる「子どもたち」

大人の心配をよそに、子どもたちはたくましい。
子どもを信じて口を出しすぎず見守ることも、子どもの成長にとって大事なことだとも感じました。

◆ ◆ ◆

そして今回も、元校長先生(前作は校長先生)の存在や言葉もとってもステキでした。

「本当に強い人は弱音を吐くんです。それができるようになって初めて、弱音を吐いてはいけない時が分かるんです。それが分かるまではしっかり弱音を吐くんです」

気丈に振る舞おうとしている男子生徒に向かって、元校長先生の言葉。

辛い過去を背負、今を楽しむことに負い目を感じている生徒に対して
「人間てな、大好きな人には幸せになって欲しいと思うもんやねん」
と伝える、まいど先生。

思わず「そうだよね、そうだよね」とうなずきながら、やっぱり目頭が。。。

◆ ◆ ◆

などなど、感動場面が盛りだくさんだった「海はみえるか」(真山仁)。今回も前回同様テンポも良く、一気読みでした。

東日本大震災を舞台にした作品ですので、いろいろな震災の問題が出てきます。
大変さも伝わってきます。
しかし、その中でたくましく成長する姿にパワーをもらえます。

前回同様、明るい「まいど先生」でしたが、
今回は、パワフルという感じではなく、生徒とともに悩み成長していくという印象。
とても、清々しい感じでした。

気になった方は、チェックしてみてはいかが。。。

「海は見えるか」単行本・文庫本

文庫: 229ページ 出版社: 幻冬舎 (2018/4/10)

単行本: 207ページ 出版社: 幻冬舎 (2016/2/25)

著者「真山 仁」情報

真山 仁(まやま じん)
ペンネーム/香住 究(かずみ きわむ)
誕生/1962年7月4日。大阪府。
代表作/『ハゲタカ』シリーズ
公式サイト www.mayamajin.jp

「ハゲタカ」シリーズの著者として、あまりにも有名な著者。
NHKドラマになった「ハゲタカ」後に、映画化もされた有名な作品ですね。

テレビドラマとしては、
ハゲタカ(2007年2月17日 – 3月24日、全6話、NHK「土曜ドラマ」で放送、主演:大森南朋)
ハゲタカ(2018年7月19日 – 9月6日、全8話、テレビ朝日「木曜ドラマ」で放送、主演:綾野剛)
と2回放送されているようですが、私はNHKドラマですっかり虜になってしまっていました。

NHKのドラマの後、映画化された作品も良かったです。
ハゲタカ(2009年6月6日公開、NHK「土曜ドラマ」の映画化、配給:東宝、監督:大友啓史、主演:大森南朋)
大森さん演じる「鷲津政彦」。そして、外資ファンド「ホライズン・インベストメントワークス・ジャパン」
出演者もそうそうたるメンバーで、とても楽しめた記憶が蘇ってきます。


その著者の「海は見えるか」。経済小説ではありませんが、とってもテンポもよく読みやすく、そして心に染みてきます。
こういう小説もとてもいいな、と思うステキな作品でした。

-小説, 本(BOOK)
-, , , , , , ,

執筆者:


  1. […] まいど先生ふたたび。「海は見えるか」(真山仁)読了。読んでいて、目頭が熱くなってしまった「海は見えるか」(真山仁)を読了。読んでいて、目頭が熱くなった。「そして、星の […]

関連記事

ポッキーの表紙が印象的!「結果を出すのに必要なまわりを巻き込む技術」(小林 正典)を読んだ。

Mediamodifier / Pixabay Contents1 「結果を出すのに必要な・まわりを巻き込む技術」を読んだ。1.1 印象的な表紙1.2 著者略歴2 気になったキーワード(抜粋)3 まと …

読み終えた後、やさしさと力強さがつまった家族の絆を感じた、「15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。

Mediamodifier / Pixabay 久々に、一気読みしました 「15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ」 15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくが …

クレーム対応は、嫌だな。。。と思ったので「クレーム対応 最強の話しかた」を読んでみた。クレーム対応に対して少し前向きになれたかも。

クレーム対応と聞いて、どんなイメージをもっているでしょう。 怒られて、謝罪して謝罪して。。。というように、あまり良いイメージを持っていない人も多いのではないでしょうか。 しかし、仕事をしている中で、避 …

仕事がツライという人は必見!映画『ちょっと今から仕事やめてくる』

Contents1 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』を見た。1.1 主人公は、ブラック企業に務める新入社員。1.2 会社が全てではないということ。1.3 いのちは自分だけのものではない。 自分を愛 …

メガネのJINSの誕生から成長まで「振り切る勇気 メガネを変えるJINSの挑戦」(田中仁・著)読了。ここぞという時のフルスイングだ!!

Mediamodifier / Pixabay 振り切る勇気 メガネを変えるJINSの挑戦   「守りに入った会社で、守りきった会社はない」 この言葉通りに突き進んでいく社長・田中仁さん。 …