気付きの力学

二人の男子の子どもを持つ団塊ジュニア(男性)の日常から生まれる気付きをつれずれに。。。

ビジネス 本(BOOK)

メガネのJINSの誕生から成長まで「振り切る勇気 メガネを変えるJINSの挑戦」(田中仁・著)読了。ここぞという時のフルスイングだ!!

投稿日:2018年4月4日 更新日:

Mediamodifier / Pixabay


振り切る勇気 メガネを変えるJINSの挑戦

 

「守りに入った会社で、守りきった会社はない」

この言葉通りに突き進んでいく社長・田中仁さん。

雑貨店からはじめて、国内と海外のメガネの値段に驚き取り扱うことに。
業界の障壁などさまざまな困難を乗り越え、突き進むが、大手の参入で、業績は低迷。
その時、ユニクロの社長との面会で、会社のビジョンの大切さを実感。
ビジョンを元にした戦略を打ち立て、低迷から回復。更なる成長を遂げ、世界へ羽ばたこうとしています。

本のタイトルである「振り切る勇気」とは、

ここぞ(チャンスだ)と思ったときに、無謀と言われても大胆な行動(振り切る勇気)ができるかどうか。
その行動によって、大きな成長につながっていく。

「失敗したら」という不安から普通の人では、その勇気はなかなか持てない。それでも勇気が持てるとしたら、「成功するまでやりぬく覚悟と行動力」なのかもしれない。

何のための仕事なのか? 何のための会社なのか?
一度原点に立ち返って、自分の中の「ビジョン」を明確すること。
ビジョンに対して、絵に描いた餅にしないための行動力。

はじめは、自我からのスタートだったかもしれないが、ビジョンを明確にすることによって徐々に、社会に対しての企業の使命感から湧き上がる行動力になっていっているようにも思えました。
自分の中に「ビジョン」はある? それをやり抜く覚悟はある?

読んでいて、自分に言われているようにも感じ。。。(汗)

「JINSの社長が、どうやってJINSを成長させてきたか」と興味を持たれた方はもちろん、「守りに入って、停滞ぎみだな」と感じている方など、おすすめかも。
読んでいて、大いに刺激をいただきました。

-ビジネス, 本(BOOK)
-, , , ,

執筆者:

関連記事

国定忠治: 関八州の大親分 (義と仁叢書)。市民に愛された波乱万丈な太く短い41年の人生。

Contents1 国定忠治: 関八州の大親分 (義と仁叢書)2 国定忠治3 国定忠治のお墓(史跡)3.1 群馬県伊勢崎市国定町の金城山養寿寺3.2 群馬県伊勢崎市曲輪町の善應寺3.3 長野県長野市の …

読み終えた後、やさしさと力強さがつまった家族の絆を感じた、「15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。

Mediamodifier / Pixabay 読み始めると、一気読みでした。。。 Contents1 15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ2 気になったフ …

クレーム対応は、嫌だな。。。と思ったので「クレーム対応 最強の話しかた」を読んでみた。クレーム対応に対して少し前向きになれたかも。

クレーム対応と聞いて、どんなイメージをもっているでしょう。 怒られて、謝罪して謝罪して。。。というように、あまり良いイメージを持っていない人も多いのではないでしょうか。 しかし、仕事をしている中で、避 …

名作も読み慣れていないと抵抗があるなー。。。そんな時は「まんがで読破」シリーズ。夏目漱石の作品だけでも6作品あり!

Free-Photos / Pixabay Contents1 「子どもには本が好きな人になって欲しい」2 名作を読んでみようと思うのですが3 手っ取り早く、というか予習的に知識を入れるなら4 メジャ …

ねずみ年にちなみ「チーズはどこに消えた」を再読。そして新たに感じたこと。

今年は、ネズミ年ということで、 「チーズはどこに消えた」(著者:スペンサー・ジョンソン) を再読した。 チーズはどこへ消えた? 物語だけを追ってしまうと、なんということはない。 2匹のネズミと2人。は …