映画 洋画

「フレンチトースト」は父子のきずなの味かも。映画「クレイマークレイマー」は、やっぱりすてきな映画だった。

投稿日:2018年3月31日 更新日:

tookapic / Pixabay

スポンサーリンク

第52回アカデミー賞
受賞 – 作品賞/監督賞/脚色賞/主演男優賞/助演女優賞
ノミネート – 助演男優賞/助演女優賞/撮影賞/編集賞

『クレイマー・クレイマー』を見た。

クレイマー、クレイマー
Kramer vs. Kramer
監督/ロバート・ベントン
出演者/ダスティン・ホフマン、メリル・ストリープ、ジャスティン・ヘンリー、ジェーン・アレクサンダーほか
配給/コロンビア映画
公開/アメリカ 1979年12月8日 日本 1980年4月5日
上映時間/105分

若き日のダスティン・ホフマンが出ているあれです。
「名作と言われているものをことごとく見ていないなー」と思い見てみました。

ダスティン・ホフマンの演技はもちろんですが、息子役のジャスティン・ヘンリーの演技がすごいと思ったら、

ビリー役のジャスティン・ヘンリーはわずか8歳でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、史上最年少記録を樹立した。(Wikipediaより)

なんですね。

息子がいる父親は、この映画を観るといろいろな思いがこみ上げてくるかもしれません。
仕事も大事だけれど、家族、そして子供ももっと大事。

「仕事と家族、どっちが大事なのよ!」と言われたら、「家族のための仕事だろ!」と(口に出さなくても)思ってしまいますね。
しかし!「仕事に逃げないで、ちゃんと子供や家族に向き合わなきゃいけないな」なんて、考えるきっかけを与えてくれるかもしれません。

そんなすてきな映画でした。


ちょっと(かなり)ネタバレですが。。。

映画の中で出てきた「フレンチトースト」。

父が作るシーンが出てきます。
はじめはうまく作れず、イライラしながらの「フレンチトースト」ですが、映画後半では父と子一緒に、上手に作った「フレンチトースト」になります。

なんだか、父と子の絆(きずな)を象徴いているようにも思う、この「フレンチトースト」。
映画をみていたら、とっても気になりだして自分でも作ってみたくなりました。

ということで調べてみると、映画に出てきた「フレンチトースト」のレシピを発見(ネットってほんと便利だ)

「クレイマー、クレイマー」のフレンチトースト
(FoodWatchJapan http://www.foodwatch.jp/

クレイマー、クレイマーのフレンチトーストより
フレンチトースト
オレンジ風味のフレンチトースト

グレーテルのかまど(Eテレ 毎週月曜 午後10時 | 再放送 毎週水曜 午前10時25分))

子供と一緒に作って食べたら、親子の絆が深まるかな。。。
父が作って、それをみんなで一緒に食べるのも楽しいかもな。。。

なんて、妄想がどんどん大きく膨らんでしまった、私です(笑)。
みなさんも、いかがですか。。。


-映画, 洋画
-, , , , , , , ,

執筆者:


  1. […]  気付きの力学「フレンチトースト」は父子のきずなの味かも。映画「クレイマークレイマー」は、…https://4start2go.info/kramer_vs_kramer/ tookapic / Pixabay第52回アカデミー賞受賞 – 作品賞/監 […]

関連記事

実話に基づく、愛と笑いのポジティブ・ストーリー ジム・キャリー主演映画「イエスマン”YES”は人生のパスワード」

スポンサーリンク Contents1 映画「イエスマン」 その感想などをつれずれに。2 映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」 各レビューサイトの評価は?2.1 ■映画.com2.2 ■Ya …

あらためて偉大なホーキング博士を知るきっかけに。『ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング』

mohamed_hassan / Pixabay Contents1 『ホーキング』の映画といえば2 「ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング」3 『ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング』を徒然 …

これぞSF!驚きの映像に引き込まれ、思わず時間を忘れる最高の映画「インターステラー」

インターステラー Interstellar 監督/クリストファー・ノーラン脚本/クリストファー・ノーラン、ジョナサン・ノーラン製作/エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン、リンダ・オブスト製作総指揮 …

師弟の情熱のぶつかり合い。迫真の演技と展開にドキドキ、映画「セッション」に釘付け

Contents1 映画「セッション」 その感想などをつれずれに。1.1 互いの情熱のぶつかり合い1.2 ストーリーも単調ではなく、ハラハラどきどきな展開2 第87回アカデミー賞2.1 監督のインター …

ステイホームだから、映画を見よう! 家族の絆「幸せへのキセキ」

『幸せへのキセキ』(しあわせへのきせき、原題: We Bought a Zoo)は、2011年のアメリカ合衆国のヒューマン・ドラマ映画。 ※We Bought a Zoo = 動物園を買いました。 幸 …

スポンサーリンク