たびたび変更になるガソリンスタンドのガソリン価格。給油は「満タン」「リッター指定」「金額指定」どれがお得

この記事は約3分で読めます。

スポンサーリンク

ガソリンスタンドでの給油。「満タン」「リッター指定」「金額指定」

ガソリン給油方法は、「満タン」「リッター指定」「金額指定」の3種類が選べますが、どうしていますか?
私は、できれば給油回数を減らしたいと思っているので、なにも考えずに「満タン」給油をしていました。

「満タン」は、車のガソリンタンク「満タン」に給油する方法。
「リッター指定」は、給油をリットルで指定する方法です。
「金額指定」は、金額分を給油する方法。

この給油方法は、フルスタンド(人が給油してくれるスタンド)でも、セルフスタンドでも同じです。

スポンサーリンク

「満タン」給油した後にガソリン価格が下ると、やはり悲しい

ガソリンの値段は常に変動し、高騰しているときに「満タン」給油した後、しばらくして値段が下がっていたりすると
「もう少し後に、給油すればよかったかな」
となんとも言えない悲しい気分になりますね。

確かにガソリン値段の変化は予測できませんし、ましてや給油のタイミングにも合うかどうかもわからないので、しかたがないことなのかもしれませんが。。。

そこで、この3つの給油方法について調べてみると、あっさり答えが見つかりました。
そのキーワードは、「ドル・コスト平均法」。

「満タン」「リッター指定」「金額指定」では、どれがお得

「満タン」「リッター指定」「金額指定」では、どれがお得になるのかを調べてみると、「金額指定」の給油が「ドルコスト平均法」によりお得のようです。

「満タン」「リッター指定」「金額指定」では、どれがお得 - Google 検索

ちなみに、ドル・コスト法とは、(ウィキペディア)

あくまでも、数字上での計算なので、
スタンドに行く回数が増えることなどを考慮すると、いつもの道に比較的安いスタンドがある場合に有効
というですね。

ということで、これからは早速「金額指定」で給油してみようと思います。

ちなみに

ガソリンスタンドの情報もネットで調べることができます。


近くのスタンドをチェックして、おくのもいいかもしれませんね。