備忘録 本(BOOK) 絵本

絵本「たまごのあかちゃん」(福音館書店)は、読み聞かせの思い出。子どもと一緒に楽しんだお気に入りの絵本。

投稿日:2022年1月16日 更新日:

2081671 / Pixabay

お気に入りの絵本ってなんだったのだろう

2018年4月、朝日新聞社主催「第22回手塚治虫文化賞 短編賞」を受賞した矢部太郎さんのお父さん(やべみつのり)は、絵本作家だそうですね。
→ Amazon.co.jp: やべ みつのり:作品一覧、著者略歴
だから、絵が上手なんだなと思いながら、ふと。。。

子どもがお気に入りの絵本ってなんだったのだろう

と急に気になりだした私。そんなことで、ちょっと思い出してみました。

子どもと一緒に楽しんだ絵本といえば

いろいろあったと思うのですが、真っ先に思い出したのが「たまごの赤ちゃん


たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)

といっても、そのタイトルを思い出すまで、時間がかかりましたが。。。(汗)

たまごの赤ちゃん

単行本: 24ページ
出版社: 福音館書店 (1993/2/10)
発売日: 1993/2/10
内容紹介
「たまごのなかでかくれんぼしているあかちゃんはだあれ?でておいでよ」と呼びかけると、卵の中から次々と赤ちゃんが出てきます。リズミカルな文と、ユーモラスな絵が楽しめます。

表紙を見ていると、懐かしさがこみ上げてきます。

「たまごの中にかくれているあかちゃんはだあれ?」

わくわくしながらページをめくって、一緒に楽しみました。
子どもたちに聞いたら、はたして覚えているのだろうか。。。とも思いますが、私とっては、楽しい思い出です。

この「たまごの赤ちゃん」は、評価も高いらしく、読み聞かせの定番本みたいですね。
レビューなどを見ると、対象年齢は1歳から3歳くらいまでくらいが多いようです(もちろん、それ以上の年齢でも楽しめると思いますが)。

いずれにしても、「絵本を何にしようかな」と迷っている人はチェックしてみてはいかが♪

作者(神沢利子さん)や絵を書いた人(柳生弦一郎さん

お気に入りの絵本を見つけると、その作者や絵を書いた人の他の作品(絵本)も気になりますね。

「作: 神沢利子」 の 本 → 神沢利子さんの本

神沢利子さんのページ(アマゾン)

「絵: 柳生弦一郎」 の本 → 柳生弦一郎さんの本(アマゾン)

 


-備忘録, 本(BOOK), 絵本
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

ポッキーの表紙が印象的!「結果を出すのに必要なまわりを巻き込む技術」(小林 正典)を読んだ。

Mediamodifier / Pixabay 結果を出すのに必要なまわりを巻き込む技術 Contents1 「結果を出すのに必要な・まわりを巻き込む技術」を読んだ。1.1 印象的な表紙1.2 著者略 …

「何でこんなに運が悪いんだろう」と思っている人におすすめ!「運転者」(喜多川泰)

この本を読んで、「運」について捉え方が変わりました。 「…なんで俺ばっかりこんな目に合うんだよ」思わず独り言を言った、そのときだ。ふと目の前に、タクシーが近づいてくるのに気づいた。累計80万部喜多川泰 …

ATM手数料と無料回数の比較で考える、ネット銀行の利便性。どれがお得で便利なのかな知っていても損はない

ネット銀行は、コンビニでも入出金ができてとても便利!と思って、便利に利用しているのですが、いろいろあるネット銀行、一体どこが一番利便性が高いの?と思ったので、比較してみることにしました。 比較したのは …

「デスクトップから「コンピューター」のアイコンが消えている!?」ときの簡単な解決方法

Contents1 あれ、デスクトップから「コンピューター」のアイコンが消えている!2 デスクトップにPC(コンピューター)アイコンを表示させる方法3 「デスクトップアイコンの設定」画面では、PC(コ …

パソコンから印刷。プリンターから出てきたのは白紙だったので、原因を調べてみることにした。

Contents1 「印刷を実行しても、プリンターから白紙しか出てこない!」という家族からのヘルプ。1.1 疑い(1)パソコンの操作が間違っているのではないか?1.2 疑い(2)プリンターのインク?1 …

スポンサーリンク