まいど先生ふたたび。「海は見えるか」(真山仁)読了。読んでいて、目頭が熱くなってしまった

Mediamodifier / Pixabay

スポンサーリンク

「海は見えるか」(真山仁)を読了。読んでいて、目頭が熱くなった。
「そして、星の輝く夜がくる」の続編。「そして、星の輝く夜がくる」を読んですごく良かったので、今回「海は見えるか」を読んだら、やっぱり良かったです。

→(参考)神戸から震災の東北に赴任した応援教師・小野寺徹平(まいど先生)のキャラクターにほれぼれ。真山仁「そして、星の輝く夜がくる」

東日本大震災から一年以上経過しても、復興は遅々として進まず、被災者は厳しい現実に直面し続けている。それでも、阪神・淡路大震災で妻子を失った教師がいる小学校では、明日への希望が芽生えはじめていた―。『そして、星の輝く夜がくる』に連なる、二年目を迎えた被災地、奇蹟の祈り。生き抜く勇気に出会う珠玉の連作短編!

(アマゾン:「BOOK」データベースより)

神戸で被災し、妻と娘を亡くした小学校教師「まいど先生」が東日本大震災で被災した小学校にに応援教員として派遣。そこでの生徒との日々が描かれた作品で、派遣2年目のお話。
ちなみに前作の「そして、星の輝く夜がくる」では1年目の話が描かれています。

たくさん目頭が熱くなったポイントがあったのですが、ちょっとだけご紹介。。。

◆ ◆ ◆

大人でも対処するのに難しいことを、子どもたちは受け入れそして超えていく。
その姿に逆に教えられる「まいど先生」。
いろいろなしがらみが多くなる「大人」よりも、素直な考え方ができる「子ども」の方が
時として正しい選択ができる場合もある。

「白球を追って」では、そんなことを考えさせられました。
そして、子どもたちの行動に目頭が。。。

世間のことがフィルターとなり選択を歪めてしまう「大人たち」
それに対して、しがらみもなく素直に考えられる「子どもたち」

大人の心配をよそに、子どもたちはたくましい。
子どもを信じて口を出しすぎず見守ることも、子どもの成長にとって大事なことだとも感じました。

◆ ◆ ◆

そして今回も、元校長先生(前作は校長先生)の存在や言葉もとってもステキでした。

「本当に強い人は弱音を吐くんです。それができるようになって初めて、弱音を吐いてはいけない時が分かるんです。それが分かるまではしっかり弱音を吐くんです」

気丈に振る舞おうとしている男子生徒に向かって、元校長先生の言葉。

辛い過去を背負、今を楽しむことに負い目を感じている生徒に対して
「人間てな、大好きな人には幸せになって欲しいと思うもんやねん」
と伝える、まいど先生。

思わず「そうだよね、そうだよね」とうなずきながら、やっぱり目頭が。。。

◆ ◆ ◆

などなど、感動場面が盛りだくさんだった「海はみえるか」(真山仁)。
今回も前回同様テンポも良く、一気読みでした。

東日本大震災を舞台にした作品ですので、いろいろな震災の問題が出てきます。
大変さも伝わってきます。
しかし、その中でたくましく成長する姿にパワーをもらえます。

前回同様、明るい「まいど先生」でしたが、
今回は、パワフルという感じではなく、生徒とともに悩み成長していくという印象。
とても、清々しい感じでした。

気になった方は、チェックしてみてはいかが。。。

海は見えるか
by カエレバ
そして、星の輝く夜がくる (講談社文庫)
by カエレバ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280レクタングル(大)