ビジネス 本(BOOK)

富士フイルムをV字回復させた世界が認めるカリスマ経営者/古森重隆の原点!「君は、どう生きるのか」

投稿日:2018年9月19日 更新日:

Mediamodifier / Pixabay

君たちはどう生きるか」もいいけれど、「君は、どう生きるのか」もいい


君は、どう生きるのか: 心の持ち方で人生は変えられる (単行本)

「君は、どう生きるのか」読了。富士フイルムホールディングス 代表取締役会長兼CEO・古森重隆の本。

人生は、自分を磨き続ける旅である。大胆な構造転換で富士フイルムをV字回復させた世界が認めるカリスマ経営者の原点!

→ アマゾンより

大手企業だって、時代の変化による存亡の危機はおとずれる。

写真がフィルムからデジタルへと時代が変化するにともない、業績は悪化した富士フイルム。
存続の危機を感じ取り、シーズとニーズを見極めて新しい事業を立ち上げていく。
世の中の流れに敏感に対応していくこと。変化することで、生き残りをはかる。
その立役者が著者だ。

そこにあったのは、信念の強さと覚悟
時代に飲み込まれ、時代に流されるのではなく、その時代の流れにしっかり読み解き、変化していく大切さ。その変化をいかに実行していくか。それが、リーダーの役割なんだと、変革リーダーの強さを感じた。

リーダーに必要なこと

「読む」「構想する」「伝える」「実行する」そして「成功させる」
そして
組織が逆境にあるときほど、「自分たちは絶対に屈しない」「何があってもこの苦境を乗り切ってみせる」という闘魂が不可欠。
会社の存亡の危機を乗り越えてきた人だからの説得力だった。大企業だからといって決して安泰なわけではないのだから、中小企業ならなおさらだ。

時代とともに淘汰される企業とそうでない企業。たとえ斜陽産業といわれる業界であっても、シーズとニーズを見極めて変化していくことで存続して成長している企業はたくさんある。

流れの早い世の中、変化なくしては生き残れない時代だからこそ、会長の話は説得力があった


-ビジネス, 本(BOOK)
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

仕事がツライという人は必見!映画『ちょっと今から仕事やめてくる』

Contents1 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』を見た。1.1 主人公は、ブラック企業に務める新入社員。1.2 会社が全てではないということ。1.3 いのちは自分だけのものではない。 自分を愛 …

「アイ」の意味を知る、喜多川泰さんの「ソバニイルヨ」。子どもたちに読んでもらいたい!言葉がいっぱい

Mediamodifier / Pixabay 喜多川泰さんの「ソバニイルヨ」 今回の本も素晴らしかった。 ぜひとも子どもたちに読んでもらいたいと強烈に思いました。 ※大いに好きすぎて、ネタバレなとこ …

「何でこんなに運が悪いんだろう」と思っている人におすすめ!「運転者」(喜多川泰)

この本を読んで、「運」について捉え方が変わりました。 「…なんで俺ばっかりこんな目に合うんだよ」思わず独り言を言った、そのときだ。ふと目の前に、タクシーが近づいてくるのに気づいた。累計80万部喜多川泰 …

神戸から震災の東北に赴任した応援教師・小野寺徹平(まいど先生)のキャラクターにほれぼれ。真山仁「そして、星の輝く夜がくる」

Mediamodifier / Pixabay Contents1 「そして、星の輝く夜がくる」(真山仁)2 震災三部作 「そして、星の輝く夜がくる」(真山仁) 東日本大震災の爪痕が生々しく残る東北地 …

読み終えた後、やさしさと力強さがつまった家族の絆を感じた、「15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。

Mediamodifier / Pixabay 読み始めると、一気読みでした。。。 Contents1 15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ2 気になったフ …

スポンサーリンク