備忘録

耳の遠い人には、どんな話し方がイイのだろう。。。

投稿日:2019年2月20日 更新日:

先日、耳の遠い高齢の方と会話する機会がありました。
その方は、補聴器も使っているのですが、普段はあまり補聴器をしていないようでした。
耳は遠いけれど、補聴器をするほどでもないという感じです。

その方はご高齢なので、自分では話し方にも注意していたつもりでしたが、どうにも聞き取れないこともあったようで。。。

そこで、これからも高齢の方と接する機会も増えてくることに備え、耳の遠い人にはどんな話し方がイイのだろう。。。そのポイントを調べてみました。

調べてみると、ポイントは大きく4つ。

1)少し大きな声で話す
これはもっとも一般的なことだと思います。聴力の衰えからくるので、大きな声で話すのは基本かもしれません。

2)ゆっくり話す
早口の人の会話は、難聴ではなくても聞き取りにくいものですよね。早口の会話は、聞いている方も疲れてしまいます。
ゆっくり話すというのも、基本ですね。

3)区切って話す
ゆっくり話すということに通じるのかもしれませんが、単語を区切って話すことがより良いようです。
英会話とかのシーンでも、会話が通じないときに、単語を区切って話しているところも見かけることがありますね。
その感じと同じかもしれません。

4)近づいて話す
雑踏の中はもちろんですが、会話外外の音も気になって会話に集中できないこともあるそうです。
遠くから話すよりも、近づいて話すことで会話が通じやすくなる。これも考えてみたら当たり前なのですが、意外と忘れていることかもしれませんね。

何度か会話をして、意思疎通ができないとお互いハッピーではありません。
何度も話をして通じない場合は、言葉などを変えて伝えるのもいいかもしれないみたいです。

意思疎通ができないからと焦らずに、思いやりをもったコミュニケーションがやっぱり大切。
しっかりと相手を向き合って、耳の遠い人とのコミュニケーションも楽しめるようになれば一番いいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

-備忘録

執筆者:

関連記事

「決定回避の法則」と「現状維持の法則」を買い物で実感。息子との会話のなかで。。。

ijmaki / Pixabay 先日、息子とランニングシューズを買いに行きました。 1店目では、「お店のなかではこれかな」というものはあったようですが、本人はいまいち納得いってない感じ。 それならば …

ExcelでCAFEと入力することができない!勝手に変換されてしまう原因は「オートコレクト」。「Microsoft Office」アプリケーションの便利機能だった。

Pixaline / Pixabay Contents1 CAFEと入力したいのに、なぜか「CAFÉ」になってしまう2 原因は「オートコレクト」機能3 「オートコレクト」機能の解除方法4 活用すれば意 …

Excel 計算式が合わない!「循環参照」っていうエラーらしいけれど、「循環参照」って何?

blickpixel / Pixabay スポンサーリンク 「Excelを使って書類を作成。SUM関数を使っているのに、合計の数字が、関数を使ったのに合わない!」これって、どういうこと? とうことで、 …

郵便物の送り主情報の記載。個人情報だけれど記載しないととんでもないことになることもあるようだ。

個人情報保護が叫ばれている昨今。郵便物を投函する際に「送り主の情報」を記載するかどうか迷うことにあります。 送り主の情報があらわになって、個人情報丸見えじゃん!なんて思うことがあります。 がしかし、送 …

パワーポイント(.pptx)ファイルの中身を確認したい時、またはpdfに変換したい時、こんな方法もある

Pixaline / Pixabay Contents1 パワーポイントがインストールされていないパソコンでパワーポイント ファイル(.pptx)を表示したい2 互換ソフトで表示させる2.1 Open …