人はみんな折り合いをつけて生きている、是枝裕和監督の作品「歩いても歩いても」を見て思ったこと。

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

映画「歩いても、歩いても」 その感想などをつれずれに。

「歩いても、歩いても」を見た。是枝裕和監督の作品。


歩いても 歩いても

歩いても 歩いても Still Walking
監督/是枝裕和
脚本/是枝裕和
原作/是枝裕和
出演者/阿部寛、夏川結衣、YOU、高橋和也、田中祥平、樹木希林、原田芳雄、
音楽/ゴンチチ
配給/シネカノン
公開/(日本)2008年6月28日
上映時間/114分

ストーリーは、
「15年前に亡くなった兄の命日に、良多は家族を連れて実家に帰省する」

仲の良い家族。実家にみんな集まり、楽しそうな時間が流れる。
どこにでもある、幸せな光景かもしれない。
そんな中で、家族であっても、わからない個人の思いなどセリフを通して描かれていた。
家族といってもそれぞれ個人。思いはそれぞれ微妙に違っていたりする。
でも、それが本来の姿かもしれない。

時には気持ちを押し殺して、それでも上手くやっていっている。

「怖いのよ人って、みんな」というセリフ。とっても印象的で、ゾッとした。
そして、
「それぐらい普通でしょ」っというセリフ。
この2つは、とっても印象的。

人間ってそういうことなのかなと、妙に納得してしまった。
奥さんとのやりとりもそう、リアルだ。

本人はなんとも思っていないことでも、受け手によってはひどい言葉にもなる。
そして、みんないろいろ抱えながら、それでも生きている。

そんなことを改めておもった。

映画の見方は、ストーリーだけを追っていくとモッタイナイ。
そのまますんなり入ってくるものもあるし、「じわじわ」と入ってくるものもある。

一度みたときには、すーーと見てしまったが、
あらためて印象的なシーンを考えてみると、日常のシーンの中から感じ取られるものが見えてくる。
それはもちろん、個人的なものであって、万人に対してのものではない。

それも、普通なんだな。きっとと思える。

そんなことを見ていて感じたりした。
何度も見ることで、また違った印象や、気付きをもたらしてくれる映画だ。

何気ない日常、特別でない日常を、丁寧に生きていくことの大切さもあるのかもしれない。
老いていく親。「そのうちね」という言葉。
「いつもこうなんだ、ちょっと間に合わないんだ」という言葉も

見終わった後に、ジワジワ入ってくる。
口からナノカ、おへそからなのか。。。

派手さは決してない、見る人によって感想がが変わってくる映画のように思える。
しばらくしてまた見たら、印象がかわってくるかもしれない。。。
何年後か、また見てみたいと思う。

樹木希林さんの演技もすばらしかった。

 

YOUさんの旦那さん役の高橋和也さんといえば、

男闘呼組のベーシストの高橋一也さんだったんですね。すっかりいいお父さん役でした。

男闘呼組

 

主演の阿部寛さんと夏川結衣さんといえば、

阿部寛さんと夏川結衣といえば、フジテレビドラマ「結婚できない男」のお二人。
あのドラマの二人も最高にイイ感じでした。

そういえば、このドラマ。13年ぶりに2019年10月に復活するようですね。
かなり楽しみです。

 

 

是枝裕和監督の記事

「母の死がこの映画を作るきっかけになった」と語る是枝監督

ゴンチチの音楽もすばらしい

映画「歩いても、歩いても」 各レビューサイトの評価は?

■映画.com

■Yahoo!映画

■Filmarks

映画「歩いても 歩いても」を見るなら

アマゾンプライム


歩いても 歩いても

DVD

Blu-ray