郵便物の送り主情報の記載。個人情報だけれど記載しないととんでもないことになることもあるようだ。

この記事は約2分で読めます。

個人情報保護が叫ばれている昨今。郵便物を投函する際に「送り主の情報」を記載するかどうか迷うことにあります。
送り主の情報があらわになって、個人情報丸見えじゃん!なんて思うことがあります。

がしかし、送り主の情報がないととんでもないことが起こるので注意が必要です。
それが、「還付不能郵便物」。

送った人の住所が記載されていればそこに戻ってくるようですが、住所が記載されていない場合はどうなのでしょうか?
そのようなことを経験されている方もいるようで、Yahoo知恵袋に同様の質問がありました

要するに、宛先不明の郵便物は、配達担当局で保管され、
宛名が無い場合は、封書などは開封されて宛名などの手がかりを調べるそうです。
それでもわからない場合は、処分されてしまうとのこと。

個人情報うんぬんというよりも、送り主の情報はしっかりと記載しないとまずいみたいですね。

ということで、あらためて郵便局のページでおさらいしてみました。

封筒の表書き・裏書きの書き方(郵便局のHP)

手紙の基本形式

一般常識なのかもしれませんが、改めて調べることは無いかとも思います。
宛先の情報はもちろんですが、これからは迷うことなく、しっかり送り主の情報を記載して投函しようと思います。

◆◆◆

ちなみに、個人情報保護シールも販売されていますので、どうしてもという場合には活用するのもいいかもしれませんね。


目隠しシール ハガキ用【個人情報保護シール】10枚 もみじ 1度っきりタイプ 縦75mm / 横95mm 少量パック! お試しにも最適。

◆◆◆