メモ書き モノ 備忘録

スマホ入力のイライラ解消!スマホ用のキーボードとしてNintendoキーボードもありだ!!

投稿日:2018年10月7日 更新日:

FirmBee / Pixabay

スマホの入力がどうも苦手、気になる「スマホ用キーボード」

いきなりですが。。。スマホの入力がどうも苦手。
フリックで頑張っては見たものの、まだまだスムーズに入力ができません。

そこで、気になるのが、「スマートフォン用キーボード」です。

アマゾンでチェックしてみると魅力的なものがいっぱいあります。
→ スマートフォン用 キーボード(アマゾンおすすめ)

いろいろあり、とても目移りして決められない。。。
これってもしや。。。「決定回避の法則」(人は選択肢が多くなると逆に行動を起こせなくなるという法則)じゃない!?
っていうか、単純に優柔不断なだけかもしれません。

スマホ用キーボードとして「Nintendoキーボード」という選択

で、思い出しました。
以前、子どもにと買ったニンテンドーのゲームのこと。
それが、

このソフトに付いていた、Nintendoキーボード。
もしかして、Nintendoキーボードもありかもしれない、っと思ったので早速試してみました。
(今となっては、子どもも使わなくなってしまった「ニンテンドーキーボード」がしまってあったのです!ラッキー♪)

早速、スマホとの接続にチャレンジ。
スマホ(アンドロイド)との接続(ペアリング)方法は、

『スマホ側のブルートゥース検出中に、キーボード側の「Fn」キーを押しながら電源スイッチをスライドさせると認識される』

ようなので、早速試してみると、無事つながりました。ペアリング完了です♪

スマホとNintendoキーボードを接続し使用した個人的な感想

接続できて、うれしくて無駄にたくさん文字を打ってしまっている私です。
入力にストレスを感じないのは、とてもうれしいですね。
そこで、ちょっと個人的な感想を。。。

キーボードのタッチも私的に、すごくいい。
キーボードの音もうるさくないし、ちゃんと押した感じもあるので、入力していても実に心地よい。
色もホワイトと水色のアクセントカラーで自分好み。
キーボードだけ見ていると、決してNintendoとは思わないんじゃないかな。。。なんて。
さすがに折りたたみに比べると大きいですが、結構軽いので携帯するのも無理じゃないかなと思います。

あえて気になるところを上げるとすれば、
持ち運びのときにキーボードのカバーがないので、その点はちょっと不安かな。というくらい。
(といっても、作りはしっかりしているので大丈夫だと思うのです。。。)

スマホの入力はどうも苦手で、とりあえずどんなものか使ってみたいという人は、検討してもいいのかもしれませんね。

ブルートゥース・キーボードいろいろ

気になって他のキーボードを調べてみると、折りたたみでコンパクトのものもたくさんあるのにビックリ
気になる折りたたみ式のキーボードをピックアップ

入力でストレスを感じている人は、携帯しても苦にならない折りたたみ式のコンパクトなキーボード
試してみてはいかがでしょうか。

◆こちらもチェック → (アマゾンおすすめ)折りたたみキーボード

スポンサーリンク

-メモ書き, モノ, 備忘録
-, ,

執筆者:

関連記事

「自転車がガタガタするので見て欲しい」というあまりにもザックリした修理依頼。その原因は、チューブだった。

DeniMix / Pixabay スポンサーリンク 乗っている自転車が、ガタガタするので見て欲しいと、息子からの依頼。 「ガタガタするっていうのはどういうこと?」と思ったのですが、「百聞は一見にしか …

多くの人に愛され続けている絵本「ねないこだれだ」。関連グッズもたくさん!!

PublicDomainPictures / Pixabay ねないこだれだ (いやだいやだの絵本) Contents1 オバケがかわいい絵本「ねないこだれだ」2 絵本のキャクターがそれぞれ愛くるしい …

年賀状の準備するタイミングは、写真の整理するタイミングなのかもしれない

  Contents1 今年は早めに年賀状の準備2 年賀状の準備のタイミングは、写真整理のタイミング3 デジカメプリントなら画質を考えるとネット印刷4 例年、年賀状が引受開始されるのは12月 …

雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」。31日間も無料でお試しできて楽天ポイントも使えてコスパ◎。スマホやタブレットだけじゃなく、パソコンでも見られるのがいいね~

StockSnap / Pixabay 今話題のサブスクリプション(→ サブスクリプション方式(Wikipedia)) 「○○放題」というものですが、その中で雑誌読み放題サービス 『楽天マガジン』」 …

絵本「たまごのあかちゃん」(福音館書店)は、読み聞かせの思い出。子どもと一緒に楽しんだお気に入りの絵本。

2081671 / Pixabay Contents1 お気に入りの絵本ってなんだったのだろう2 子どもと一緒に楽しんだ絵本といえば2.1 「たまごの中にかくれているあかちゃんはだあれ?」3 作者(神 …

スポンサーリンク