やってみたら意外と簡単!! ノートパソコンのキーボード交換

この記事は約3分で読めます。

使っていると、キーボードも調子が悪くなります。
そうなんです、クラリネット壊しちゃったみたいに、特定の文字が入力しにくくなってしまったんです。。。

「一つくらい大丈夫だろ」と思う人もいるかもしれませんが、これがとんでもなくストレスになるんですね。
始めは力を込めてキーを叩けば入力できていたのですが、そのうちにエスカレートしてきて、結構な力を入れないと入力できなくなってきてしまいました。
なんとも悲しい感じです。

長年の愛機で、その他はとても「いい子」なので手放す気にはなれず、グーグル先生で調べてみました。

調べてみると、結構同じような症状の患者(マシン)で困っている人がいるようで、結構な数のヒット数。
一番多かった対処方法は、シンプルにキーボードの掃除すること。
キーを取り外し、丹念に掃除をすることで復活するというものです。

とうことでさっそく、チャレンジ。
キーを外すなんてはじめてのことだったので、だいぶ慎重になったけれど、最後には「えいや」で。

私のキーボードのキーは、電車のパンタグラフみたいな構造になっているようで、とりあえず丁寧にお掃除しました。

しかし。。。

愛情をもって掃除を下にもかかわらず、症状は一向に変わらず。。。
なんかこれって、派が痛いのに一生懸命歯磨きをしていることと同じかななんて思ったりもしたシダイ。

も、もしかして。。。掃除なんていう簡単なことでは解決しないのか!!

と大げさに悲しくなりました。

マシンに対して、「いままでごめんね」なんていう思いを胸に、あきらめきれず
「キーボードの交換ってできるの?」という発想に。

以前、ファンが壊れた時に裏蓋を開けて交換したことがありました。
パソコンの裏蓋を開けるなんて生まれて初めてのことだったので、ちょっと緊張でしたが、
やってみると、結構簡単かもという印象だったので、今回もできるかも。。。なんていう気持ちに。

マシンの型番を調べて、またもやグーグル先生で検索。

すると、なんていうことでしょう。。。
インターネットって本当にすばらしいなーとあらためて実感するくらい、ピッタリな情報が見つかりました。

型番は誓うけれど、キーボード交換の動画まで見つけられて、頭の中でできそうな気持ちが盛り上がってきました。

こうなれば、ものを入手して交換しかありません!!

こんどは、Amazonさんで交換用キーボード探し発注。値段も3000円ほどだったので、躊躇ゼロで即注文しちゃいました。

商品も無事届き、早速ネットで調べた通りに交換作業を開始!!

まず、裏にあるネジを外し、キーボードを上にずらしてキーボードだけを本体からはずし、ケーブルを抜いたら本体から分離が完了。
交換は、その逆の方法で行い。30分もかからずあっという間に終了。意外と簡単!!

ドキドキしながら、電源を入れて試してみると、

ぬぅおーーーー。しっかり文字が入力できるじゃありませんか!?

ということで、新品になったキーボードを、ニコニコしながら入力テスト。
こんな姿を見られたら、とんでもなく気持ち悪かったかもしれませんが、本人はとってもウキウキなブギーバックでした。

マシンによっては交換しにくいものもあるようなので、事前に調べておくことはとても大切。
サポート期間ならばサポートにお願いすればよいかと思いますが、サポートが切れていてもキーボードの交換は意外と簡単なので、交換部品が見つかればチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

ノートパソコンだからキーボード好感なんて無理無理なんて思っている人は、一度調べてみるといいかもしれませんね。。。