パソコンCPU。同じCoreでも世代の違いで性能が違う。パソコン選びのときはCPUの世代もチェックしたほうが良さそうだ。

この記事は約3分で読めます。

パソコンを購入する際に、とりあえずチェックするのは「CPU」。

パソコンの処理スピードに大きく関係している、パソコンの頭脳であるCPU。
パソコンの性能は、このCPUの処理スピードがとても重要になってきますね。

ということで、CPUをチェックするのだけれど、知っている知識といえば、
とりあえず、i3 より、 i5 より i7 のほうが性能が良さそうだというくらい。

中古のパソコンとかをチェックするときも、このCPUの数字だけをざっくり確認しているくらいでした。

が、しかし!!

例えば、同じ i3 でも、世代(発売年)が違うと性能も違うというじゃありませんか。
私は(恥ずかしいながら)、i3ならばどれも同じチップが搭載されていると思っていました。
だから、「この中古のパソコンは、i7が搭載されていて安いじゃん!」なんて思い込んでいたのです。

なんでも同じではないのですね。

昔は、インテル入っている!っていう言葉も流行りましたが、
今の時代のCPUはさっぱり疎くなってしまいました。

調べてみると、この i3 シリーズは、2010年から生産されていて、現在8世代あるようです。
それぞれの世代の見分け方も型番からすぐにわかるようですので、比較する際はチェックするといいかもしれませんね。
(基本的に型番の数字が世代に対応しているようです)

新品のパソコンを購入する場合は、最新のCPUである場合がほとんどかとも思いますが、
中古の格安PCを検討する際には、こういうところもチェックしたほうが良いのかもしれませんね。
「i7 搭載でこの値段は安い!!」なんて安易に考えないで、ちゃんと世代もチェックしたほうが良いですね。

なんて思った次第です。
安いものには、それなりの理由があるもんだ。とアタリマエのことを改めて思った次第です。

ちなみに、i3 i5 i7  ですが、
世代とかの違いが絡んでくると、とたんに厄介になってきますが。
同世代で比較すると、スピードは 数字が大きいほうが早いのは間違いないようです。

もちろん、パソコンの性能は、CPUだけではダメで
ハードディスクが、フツーのHDDよりも SSDの方が、読み書きが早いとか、
メモリーがどれだけ多く搭載されているかなども、パソコン自体の性能に影響してくるので、選ぶときは総合的な判断が必要とは思いますが。。。

パソコンの広告には、CPUでは、とくに世代まで表示されていないものもあったりします。
そこは、ちゃんと世代もチェックして、相場を比較することで、賢いパソコン選びができそうですね。

ということで、中古のパソコンを取り扱っているお店をピックアップ


激安中古パソコンショップ【junkworld】


全パソコン安心の永久リカバリサポート付き! 中古パソコン通販パクス



中古パソコン専門店PCジャングル

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

中古パソコンも比較する基準があれば、選びやすいかもしれませんね♪