TUTAYA(ツタヤ)でセルフレジ初体験した。セルフレジで思うこと。インターネット通販、リアル店舗での買い物。

スポンサーリンク

TUTAYA(ツタヤ)でセルフレジを体験した。

先月はなかったように思ったがが、有人レジ、セルフレジの案内看板が新たにできていた。

セルフレジは、店員さんの勧めで体験。教えてもらいながら会計をすませた。

今回は、書籍の購入だったので、スーパーとなんらかわらない印象があったのだがレンタルではそうは行かないようだ。

といっても、セキュリティーのタグを外すという作業が一つ加わるだけなのだが。。。それが意外と億劫との話もある。

https://store-tsutaya.tsite.jp/store_service/list/usersvoice/20170725.html

スーパー以外にも、セルフレジがいろいろなところで拡大しているという印象。

考えてみると、今はガソリン代を考えてセルフしか使っていない。
窓拭きなどのサービスはないので、不精をしていると窓がすくに汚れてしまうのだが。。。

セルフレジといえば、スーパーもそうだ。
初めはとても抵抗があったのだが、慣れてしまえばセルフレジの方が気楽だ。
何を買っているをレジの人に見られるというのも、いちいち気にしなくてもいい。

例えば、必要なものを1つだけ購入するというのも、有人レジの場合は抵抗がある。
そんなときは、ついつい「ついで買い」になってしまうこともあった(気が小さいだけかも)。
セルフレジではそういう気持ちは、あまり起こらない。必要なものだけを気兼ねなく購入できる。
しかも、まだセルフレジの方が、比較的空いていたりする。
そんな理由から、今ではセルフレジがあるところでは積極的に活用するようになっている。

しかし、大量の買い物の場合は有人レジを使う場合もある。
エコバックを持参すると、綺麗に詰めてくれたりもするので、とってもありがたい。
セルフだとこういうことはない。

スポンサーリンク

で、ツタヤのセルフレジ。やってみると、おじさんでも(当たり前かもしれないが)思ったより簡単。
始めは抵抗を感じるが、これもスタンダードになるのかもしれない。
何を買ったか(レンタルするか)が店員さんに知られなくても済むというのは、うれしいかもね。
(見られてはずかしいものを買ったり、レンタルしているわけではないとは思うのですが。。。)

インターネットの買い物は便利だけれど、ウィンドウショッピングなどリアル店舗での買い物は楽しい。
お店で見かける、商品のポップ広告なんぞ見ているだけでも楽しい。
リアル店舗での偶然みかけた商品、その出合いがあるのもステキなこと。買い物の楽しさがリアル店舗にはある。

そして、セルフレジ。
なんでも初めてのものは抵抗を感じる。しかし、それは得てして初めだけ。
慣れてしまえば関係なくなるし、逆に「もっと早く試しておけばよかった」ということも思ったりする。
こんなことでも、「気になったらやってみる」というのがいいのかもしれない。なんてことを感じた。

◆ 

ちなみに、TUTAYA(ツタヤ)。動画見放題のサービスを行っています。
映画などの見たい作品が決まっているのならば、やはりネットが便利ですね。
月額933円(税抜)で動画見放題、今なら「30日間の無料お試し」があり、とってもお得です!!
「ネットの動画見放題!?」なんて抵抗を感じている人、慣れないのは初めだけ、慣れてしまえば「もっと早く試しておけばよかった」となるかもしれません。

TSUTAYA TV動画配信の「無料お試し」

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

スポンサーリンク