家族の絆

本(BOOK)

読み終えた後、やさしさと力強さがつまった家族の絆を感じた、「15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。

「15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ」を読了。「1個できなかったら、1個できることを見つければ、0になる」という大事なことに気づかせてもらった。著者本人はもちろん、母親の言葉、父親の言葉にも感動。