備忘録 本(BOOK) 絵本

絵本「たまごのあかちゃん」(福音館書店)は、読み聞かせの思い出。子どもと一緒に楽しんだお気に入りの絵本。

投稿日:2018年8月23日 更新日:

2081671 / Pixabay

先日、手塚治虫文化賞を受賞した矢部太郎さんのお父さん(やべみつのり)は、絵本作家だそうですね。 → やべみつのりさんの作品(絵本)

だから、絵が上手なんだなと思いながら、ふと。。。

子どもがお気に入りの絵本ってなんだったのだろう

と急に気になりだした私。
そんなことで、ちょっと思い出してみました。

子どもと一緒に楽しんだ絵本といえば、いろいろあったと思うのですが、真っ先に思い出したのが「たまごの赤ちゃん

といっても、そのタイトルを思い出すまで、時間がかかりましたが。。。(汗)


【100円クーポン配布中!】たまごのあかちゃん/神沢利子/柳生弦一郎

たまごの赤ちゃん

単行本: 24ページ
出版社: 福音館書店 (1993/2/10)
発売日: 1993/2/10
内容紹介
「たまごのなかでかくれんぼしているあかちゃんはだあれ?でておいでよ」と呼びかけると、卵の中から次々と赤ちゃんが出てきます。リズミカルな文と、ユーモラスな絵が楽しめます。

表紙を見ていると、懐かしさがこみ上げてきます。

「たまごの中にかくれているあかちゃんはだあれ?」

わくわくしながらページをめくって、一緒に楽しみました。
子どもたちに聞いたら、はたして覚えているのだろうか。。。とも思いますが、私とっては、楽しい思い出です。

この「たまごの赤ちゃん」は、評価も高いらしく、読み聞かせの定番本みたいですね。
レビューなどを見ると、対象年齢は1歳から3歳くらいまでくらいが多いようです(もちろん、それ以上の年齢でも楽しめると思いますが)。

いずれにしても、「絵本を何にしようかな」と迷っている人はチェックしてみてはいかが♪

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

お気に入りの絵本を見つけると、その作者や絵を書いた人の他の作品(絵本)も気になりますね。

「作: 神沢利子」 の 本 → 「作: 神沢利子」の作品

「絵: 柳生弦一郎」 の本 → 「絵: 柳生弦一郎」の作品




-備忘録, 本(BOOK), 絵本
-, , ,

執筆者:

関連記事

何千通あった不要なGmailの整理。メールソフト「Thunderbird(サンダーバード)」でやったら楽ちんだった

Contents1 大量のメールを整理しようと思ったきっかけ2 無謀にもスマホで何千通のメールを整理しようと試みる。3 次に試したのが、パソコンでGmailのWebメーラーで整理4 そこで、救世主!メ …

エクセル(Excel)のセルに1/1と入力したのに、なぜか勝手に1月1日になってしまう簡単な対処法

Pixaline / Pixabay スポンサーリンク Contents1 1/1 と入力したのに1月1日になってしまう!?2 対処方法(1)セルの書式設定を変更する3 対処方法(2)入力文字の前に  …

振り込み手数料が高いのは嫌だなと思ったので。。。人気のネット銀行の中から振込手数料が最安値の銀行を調べてみました。

あまり、振り込みなど行っていない私ですが、ここにきて銀行振込を行うことがありました。 いつも使っているゆうちょ銀行の場合、振込手数料は、220円~ www.jp-bank.japanpost.jp&n …

「Flash Player のサポートは2020年12月で終了します」ってクロムさんに言われても、私はどうすりゃいいのさ!?と思ったので…

ある日からブラウザ(Chome)に「Flash Player のサポートは2020年12月で終了します」と表示されはじめた。 なんとなく以前から「Flashを再生することは危険だ。注意しよう」という意 …

「アイ」という言葉の意味を知る、喜多川泰さんの「ソバニイルヨ」。子どもたちに読んでもらいたい!大切にしてほしい言葉がいっぱいだ

Mediamodifier / Pixabay 喜多川泰さんの「ソバニイルヨ」 今回の本も素晴らしかった。 ぜひとも子どもたちに読んでもらいたいと強烈に思いました。 ※ネタバレなところがありますので、 …