気付きの力学

二人の男子の子どもを持つ団塊ジュニア(男性)の日常から生まれる気付きをつれずれに。。。

ビジネス 本(BOOK)

著者がテレビから語りかけているような文体。ジャパネットたかた創業者、初の自叙伝「伝えることから始めよう」

投稿日:2019年5月10日 更新日:

Mediamodifier / Pixabay

ジャパネットたかた創業者、初の自叙伝「伝えることから始めよう」

伝えることから始めよう

著者本人が語りかけてくるような、やさしい文体で非常に読みやすい

長年テレビショッピングをやられた経験からくる「伝える・伝わる」ための知識はもちろんだが、経営者として目標を持たないという点に、興味を持った。もちろん全く目標を持たないというわけではなく、あるのはシンプルに「自己更新」という目標だけ。長期の目標はないということ。

印象的なキーワードを列挙してみると。。。

・「今日より明日、明日より明後日。。。」(自己更新)

・一生懸命に行動していれば、課題が自ずと見つかる。課題が見つからないのは一生懸命さが足りない。

・世阿弥の「我見」「離見」「離見の見」という考え方。
商品を伝えるのはもちろん、商品を使った生活も伝えること。これは、お客様目線だからこそできることだと思った。

・顧客満足度は、社員満足度から生まれる。

・社員に自由を与えすぎると、顧客に迷惑をかけることもある。最低限のルールは必要。

・今を生きる。過去にとらわれない。未来に翻弄されない――。

・できない理由ではなくて、できる理由を探そう

などなど。自分にとってグッとくるキーワードがたくさんありました。

過去でも未来でもなく、「今」にフォーカスしているところは、「禅」にも通じるのかもしれない。とりあえず、世阿弥の本は読んでみようかなと。

なかなか長期的な目標が立てられない(見つからない)時は、常に「自己更新」という意識でシンプルに考えることで現状を突破していくというスタイルもあり。逆に考えれば、シンプルな「自己更新」ということをやっていく中で、長期的な目標が漠然と見えてくるものなのかもしれない。

いろいろ気づきが多かった1冊。ジャパネットたかた創業者の考え方、そしてすごい実行力。
話しかけられるような文体で読みやすく引き込まれ、そしてとても刺激になりました。

-ビジネス, 本(BOOK)
-, ,

執筆者:

関連記事

富士フイルムをV字回復させた世界が認めるカリスマ経営者/古森重隆の原点!「君は、どう生きるのか」

Mediamodifier / Pixabay 「君たちはどう生きるか」もいいけれど、「君は、どう生きるのか」もいい本だ。。。 「君は、どう生きるのか」読了。富士フイルムホールディングス 代表取締役会 …

ポッキーの表紙が印象的!「結果を出すのに必要なまわりを巻き込む技術」(小林 正典)を読んだ。

Mediamodifier / Pixabay Contents1 「結果を出すのに必要な・まわりを巻き込む技術」を読んだ。1.1 印象的な表紙1.2 著者略歴2 気になったキーワード(抜粋)3 まと …

新型コロナウイルスの感染拡大による休校措置を受け、各出版社が学習漫画「日本の歴史」の電子版を期間限定で無料公開

Contents1 各出版社が学習漫画「日本の歴史」の電子版を期間限定で無料公開2 小学館「学習まんが 少年少女日本の歴史」3 KADOKAWA「まんが学習シリーズ 日本の歴史」4 集英社「学習まんが …

読み終えた後、やさしさと力強さがつまった家族の絆を感じた、「15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。

Mediamodifier / Pixabay 読み始めると、一気読みでした。。。 Contents1 15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ2 気になったフ …

「下克上受験」(本)読了。子供への思いそして、「親塾」という父親の覚悟。

Mediamodifier / Pixabay Contents1 タイトルに引かれて「下克上受験」を手に取り、一気読み1.1 印象的だった、父親の覚悟1.2 最難関中学受験のキッカケ1.3 塾ではな …