「自転車がガタガタするので見て欲しい」というあまりにもザックリした修理依頼。その原因は、チューブだった。

DeniMix / Pixabay



乗っている自転車が、ガタガタするので見て欲しいと、息子からの依頼。
「ガタガタするっていうのはどういうこと?」と思ったのですが、「百聞は一見にしかず」だということで早速乗って確認してみました。

確認すると確かにタイヤが「ガタッ」っとする(ガタガタじゃなかったけれど)。
どうやらタイヤが1回転するときに、「ガタッ」となるようです。

タイヤの空気は充分に入っていたので、タイヤを横からつまんで確認してみると、バルブのあたりがとても固い。他のところは弾力性があるのですが、そこだけがとにかく固いのです。まるで、何か詰め物があるかのような固さでした。
しかも、よくよく見ると、バルブ口がタイヤに対して垂直じゃなくて、若干斜めな感じ。

これはチューブかなとあたりをつけて、タイヤの空気を抜いてチューブを調べてみることに。

まずはタイヤをはずし、バルブのところのチューブを確認してみるとチューブが偏って縒(よ)れていたのです。タイヤをつまんで確認したときの異様な固さの原因はこれだったのですね。

縒れていたチューブを元に戻し、タイヤをはめてから空気を入れてからのチェック。
バルブ近くをつかんで確認したら、固さは無事解消されました。
実際に自転車に乗って確認しても、いままでの1回転「ガタっ」は解消されました。

スポンサーリンク

試運転と思い、自転車に乗ってみるとライトの光が上の方に向いていました。
ついでだったので、それも調整。

こういう機会でもなければ、子どもの通学自転車をチェックしなかった私。
タイヤを外したり、ちょっと面倒な作業でしたが、

「自転車の安全確認ができたのは、良かったことだな」

と思いながら息子に修理が終わったことを伝えたのでした。

◆自転車のタイヤはずしにあると便利!

AZ(エーゼット) 自転車用 タイヤレバー3本セット CB002 【郵送発送】
by カエレバ

また、タイヤの外し方もコツがあるようで、
Youtubeでも、「自転車のタイヤの外し方」で検索するといろいろ出てきます。
今思えば、作業前に確認してから行えばスムーズだったなー、と思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280レクタングル(大)