Excel 計算式が合わない!「循環参照」っていうエラーらしいけれど、「循環参照」って何?

blickpixel / Pixabay

スポンサーリンク

「Excelを使って書類を作成。SUM関数を使っているのに、合計の数字が、関数を使ったのに合わない!」これって、どういうこと?

とうことで、ファイルを調べてみると、ファイルを開いたときに、「循環参照」のメッセージが!

この「循環参照」っていうのは何?

ということで、調べてみると

表計算ソフトで、セルに入力した数式が、そのセル自体の値を直接、または、間接的に参照している状態のこと。セルどうしで値を参照し無限に計算を繰り返してしまうため、計算する前に循環参照をした数式を修正し、参照の回数を決めておく必要がある。
→ コトバンク(循環参照)より

ということで、
合計が合わないところを確認してみると、

SUM関数の合計範囲が、SUM関数自体のセルまで含まれていました。

そこで、

その合計範囲を正しい範囲に修正。
正しい合計が表示され、エラーメッセージの表示もなくなりましたimage/_emoji_2012-02-27_657738.gif

「循環参照」と言われても、言葉の意味が分からなければ戸惑ってしまいますが、
調べてみると、意外とそうでもないかもしれませんね。

◆ ◆ ◆


スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280レクタングル(大)